近い将来、というか今年度いっぱい(来年の3月まで)でパスネットが使えなくなるそうです。
いま関東の私鉄・地下鉄では、残高のあるパスネットを手数料0円で払い戻し中です。

東京メトロ(東京地下鉄)
 http://www.tokyometro.jp/ticket/types/passnet/index.html#anc02
東急電鉄
 http://www.tokyu.co.jp/railway/ticket/types/end/passnet.html

「パスネットって何?」という方も多いでしょう。
関東の私鉄・地下鉄で使えた磁気カードで、SUICA(スイカ)やPASMO(パスモ)とは違って、切符と同じように自動改札にカードを入れて運賃が引かれるシステムでした。

駅の中吊り広告で廃止の件を知り、今日はずっと引き出しにしまってあったカードを掘り出してみましたよ。

消えゆくパスネット。描かれているうちで新しい路線は、つくばエクスプレス?

なんと、東急電鉄のパスネットが、2006年11月4日の購入。
東武鉄道のSFとーぶカード(パスネット対応)に至っては、2006年2月25日の購入です。
パスモが登場したせいで、全然使わなくなっちゃったんですね。

ポイントカードなどは「最後まで使い切ってください」というケースが多いのですが、パスネットは廃止にあたって、PASMOに残高を移動させるだけでなく、現金で払い戻しもしてくれます。手数料なしで。

さっそく、この2枚を持って東京メトロ・東池袋駅の事務室(駅事務室/お忘れ物取扱い所)に行ってきました。
駅員さんが、パスモ用のごっつい機械で残高を読み取ってくれます。
古いカードでしたが情報は残っていて、きっちり「1,320円」「130円」の数字が。
その場で現金で受け取って、よーし今夜はハンバーグだ!

あ、カードは回収されちゃいます。
記念に持っておきたいという人は、払い戻しはやめて、普通に使い切っちゃいましょう。
2015年 3月31日(火)までは、自動券売機や精算機で利用できるそうです(自動改札機には使えません)。

払い戻しは、2018年1月31日(水)まで。
年末の大掃除で、タンスの後ろあたりから見つかるかもしれませんね。
未使用品は、大事にとっておけば価値が出るかも!?


 希望ジムは、ブログランキングに参加しています。クリックによる応援をぜひ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ