[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

いままで出来なかった事が、反復練習や筋力トレーニングで出来るようになった喜び、充実感は格別ですが、体調管理が出来てこそ、スポーツ(ウー)マンは運動能力の維持・スキルアップが可能になります。

たとえば激しいジムワークのあとには、筋肉痛や関節痛を経験する事が多いと思います。
良質の筋肉を作り、反射神経を養うには大量の栄養素がエネルギーの消耗と同時に消費されます。

また、筋肉と骨を作る細胞のターンオーバー(生まれ変わり)は筋肉がおよそ2ヶ月に対し、骨は3ヶ月かかります。
つまり、筋肉を作るには2ヶ月のトレーニングが要りますが、骨は常に栄養素を失わないように管理が必要なのです。

もし、減量したいがために、バランスや量を無視した食事で、カロリー代謝優先または筋力アップのトレーニングをすれば、疲労し傷ついた筋肉組織は減退し、不足したカルシウムは骨から必要分の栄養素として血液中にカルシウムイオンのかたちで失われてしまいます。
ボクサーは成人が必要とする量よりも多い一日800~1000mgのカルシウムを食事から摂取し、同時に栄養を取り戻す蛋白質(プロテイン)も多く含んだ食事を習慣化すると好いと思います。
アレルギーに反応するリスクを考えておくべきですが、カルシウム・プロテインが豊富に有り、手軽に摂取できる優良食品は、牛乳・ヨーグルト・チーズが有ります。

いい汗かいて、明日へのファイトにつなげましょう!


 希望ジムは、ブログランキングに参加しています。クリックによる応援をぜひ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ