こんにちは。

今日はジムの会員さんを指導していて、一番気になる点を書きたいと思います。

それは、パンチを打つところまでしか意識しないという事です。

パンチを出す時は速く動くのに、戻す時はスピードが遅い場合が多いです。

また、パンチを戻す事を忘れてしまっている場合もあります。

打たれ易くなるのでこれはあまり良くありません。

 

特別な場合(変則的連打の時やわざと隙を作る時など。)を除き、

パンチにおいての腕を出す事と戻す事はセットになっています。

パンチを打った後、パンチを戻すところまで気にしてみて下さい。

元の構えに戻るという事は、次のパンチの準備が整い、ガード(防御)も万全という状態です。

構えは当然攻防的に優れた体勢なので、なるべく早く速い動作で戻る必要があります。

是非パンチを戻すところまで意識する事を心がけましょう。

 

 


 希望ジムは、ブログランキングに参加しています。クリックによる応援をぜひ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ