パンチの練習はしてもフットワークの練習は怠っていませんか?

足が思い通り動かない限り、相手のパンチをさばいたり、思い通りに攻撃を出すことは出来ません。
まずは、丁寧に一歩ずつ、踏み込みとバックステップの練習をしてみてください。
それが自然に出来るようになったら、次は踏み込みの深さ(長さ)を深くしてみましょう。
踏み込みを深くすると、より足に負荷がかかり、疲れますが、何度も繰り返し練習してみてください。
それも慣れてきたら、ジャブを突きながら前後にステップしてみましょう。
「踏み込み、バックステップで、相手との距離感を自在に操ること」を目標としてください。

スピードは後からついてくるものなので、最初は遅くて構いません。下手にスピードを意識して体のバランスを崩したり、踏み込み幅がでたらめ(ばらばら)になるほうがマズイです!
そして、ステップの練習がしっかり出来ているかは、足の裏を見れば分かります。
しっかり踏み込み、ステップの練習が出来ている人の足の親指の付け根付近の皮が剥けます!
打たせずに打つボクシングをするために、フットワークの練習を頑張りましょう!

※近いうちに、「サークリング」について書きます。


 希望ジムは、ブログランキングに参加しています。クリックによる応援をぜひ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

この記事を書いた人

バナナ