こんにちは!

今回はスポーツを続けていれば誰もが感じる事になる『壁』について書きます。

 杉本がボクシングを始めた時、まず最初の壁は『ジャブ』でした。

利き腕の右手で繰り出すストレートに比べ、随分違和感があった事を覚えています。

この壁を越える為に何をしたか?・・・答えは「何度も何度も繰り返すこと」です。

何百回、何千回と反復するうちに違和感は無くなりました。

それからは長期間休んだ後の練習時を除き、ジャブを違和感なく打てる様になりました。

『ジャブの壁』を越えたら次の壁が出現しました。

その壁を乗り越えてもまた次の壁が出現しました。 終わりが全く見えません。

ですが、一つ壁を越えるごとに強くなってゆく事を実感出来ました。

まさに『継続は力なり』だと思います。

 

 

 


 希望ジムは、ブログランキングに参加しています。クリックによる応援をぜひ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ