どんどん涼しくなってきましたね。
朝早く起きるのに気合いが必要ですが、スポーツをするには快適な季節です。
 
今日のお昼は10月から入会した会員さんが、レオ会長を相手にミット練習を頑張っていました。
1ラウンド(3分間)やって、休憩(30秒)。それを数ラウンド繰り返します。
「グローブをつけての練習は、今日が初めて」とのことでしたが、フォームもさまになっていて、とても初心者には見えませんでした。
 
ジャブ、ストレート、ワンツー、ジャブ&ワンツーと、1ラウンドごとにメニューがどんどん複雑になっていくのですが、しっかり身体が動くのを眺めていると、「ボクシングって、世間から思われてるよりも、ずっと簡単にできるんだなあ」と改めて感じます(そのわりに奥がやたら深いんですけれど)。
 
「家でも練習できるから、空いてる時間にやりましょう」
「じゃあ、いまやったことを、サンドバッグで練習してみましょうか」
「次にミット練習をしたとき、うまくなったねと言われるくらいにね」
「打つたびに、なにを注意されたか思い出しながら」
「慣れてきたら、フットワークを踏みながら、こう狙ったところに飛び込んで打つ練習(バシィ)。こう正確にね。疲れるけど威力が全然違います」
こんな感じで最初にみっちり基本をコーチから教わっておけば、あとは自分ひとりで練習できるようになるのが、ボクシングの面白いところです。
練習の総量が違ってくるので、短期間に上手くなれますよ。
 
でも、こんなにいっぱい教わって、ぜんぶ覚えきれるのでしょうか?
そこで会長曰わく、
「練習ノートをつけるといいですよ。習ったことは忘れちゃうので、今日やったこと、次回の課題など、簡単でもいいのでメモをとっておきましょう」
なるほど、良いことを聞きました。
なので、私もこのブログにメモをしたという次第です。


 希望ジムは、ブログランキングに参加しています。クリックによる応援をぜひ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ