練習中にガムや飴を食べながらするのは、練習態度が悪く思われますが、高橋は個人的にはありだと考えています。

小まめな糖質補給で集中力が保てます。

ただ、指導者目線を意識すると、ガムを噛んでたり、ほっぺたに飴の形が見えると、トレーナーから良く思われないのではと心配する人がいるかもしれません。

ここでお勧めなのが、ハイチュウやぷっちょのようなソフトキャンディです。

口に入れたら、歯で噛み形を平たくします。その状態で、上あご部分に張り付けると外見からは食べてる様子がわかりません!!

しかも、舌との接地面積が少ないため割と長く口の中に残り、微量の糖質を摂取し続けることができます♪

注意点としては、香料の強い味だとミット打ちなど指導者との距離が近いときに発覚する恐れがあります(笑)

 

 

 

 


 希望ジムは、ブログランキングに参加しています。クリックによる応援をぜひ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  

この記事を書いた人

takahashi
takahashi