17.ダッキング


1.頭部へのパンチを、ヒザを深く曲げ、腰を落としてよける。
 
2.パンチをよけたらすぐに元に戻る。
 
 

ポイント!
・腰だけ曲げると顔が下を向いたり、戻りが遅れるので、ヒザの屈伸を使う。
・よけて空振りさせるとガードが開くので、そこにカウンターをねらう。

ダッキング01
 
ダッキング02

 

ダッキングから戻ってストレート
ダッキング03
 
ダッキングでよけてボディへのストレート
ダッキング04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © ボクシング 希望ジム(東京・池袋) All Rights Reserved.